人工知性体

 

 
説明

 人工知性体について記述する (人工知能ではありません)

 知性とは環境を認識し働き掛け自己の存在目的を達する関係に出来る性質とする

 既得再現動作は、環境認識、イメージ形成、働き掛け起動となる。
 自律型経験は、環境認識、働き掛け本能起動、結果判定、学習形成となる。
 経験移植学習では自律型経験の形成を直接移植する。

 存在目的には結果判定が必要だ
 働き掛けるには認識が必要だ
 関係には変化が必要だ
 働き掛けには再現か試行がある
 試行には仕組みが必要だ、仕組みは本能とする
 認識は環境を捉えることだ
 環境を捉えた結果働き掛けの要因となる
 働き掛けの起動要因はイメージである。
 イメージは環境働き掛け体験における結果である。

 高度な認識と働き掛けの条件として時系列認識構造が有効だ
 この時系列認識を時空認識として実現する。
 認識は働き掛けの起動要因としての精度であり再現可能な最低水準が必要だ、
高度な分解能は有害だ。
 価値は創造者の環境投入目的に依存する、否論理である。

 試行条件として未知の認識あるいは再現働き掛けの否定を要因とする。
 未知の認識とは仕組みとして働き掛けの条件を満たしながら働き掛けが
起動しない場合である。


脳のみで知性を獲得できるのか
 知性
 判る
 本能
 イメージ
 感情
 働き掛け

 心
 認識分解能
 自律型学習
 経験移植型学習
 思考
 対話
あなたは誰?
自我の認識
高度な認識
高度な働き掛け
時空認識
装置制御
自然言語認識
翻訳
場の変化
場の認識

働き掛けの合目的性
認識と働き掛け
認識とイメージ
イメージと働き掛け
経験と働き掛け
経験と価値
価値と働き掛け
価値とイメージ
本能と価値


 について